松岡インタビュー

Gerden Maker

松岡インタビュー

CEO・社員インタビュー

担当業務内容
営業統括本部/営業設計部/smileガーデン愛知本店 店長
入社年
2017年4月(ガーデンメーカー2019年1月転籍)
中途or新卒
新卒
前職の会社名
なし
最終学歴学校名
南九州大学環境園芸学部環境園芸学科
入社のきっかけと入社後の印象は?

私はホームページがしっかりとわかりやすく作られている会社にしようと決めていました。
理由としては、お客様が最初のコンタクトとなるのが会社のHPであって、
そういう会社が今後成長するだろうと感じていいたからです。

お客様のために何をするか、何を伝えたいか。
お客様への思いやりが如実に出るのってHPだと思います。
そんなお客様へ一方的な売り込みではなく、「あなたのここへ寄り添いたい」という気持ちが
伝わったのでガーデンメーカーに決めました。
入社後は思っていた通り、お客様に寄り添うことのできる中、お客様の希望を実現に
するべく図面を作成し、提案しています。

外構やエクステリアを作成する上でガーデンメーカーの一番の魅力だと感じるのは、
植栽する樹木をお客様と一緒に見て決めることができるところです。
樹木は生き物です。1本1本個性・雰囲気が違う中、お客様とフィーリングの合う木が
見つかったとき、お客様にとって最高のエクステリアが完成すると思います。

その木はお客様が家の出入りをする度に、なによりも真っ先に目に入るものになると思います。
それはお客様の笑顔を引き出すきっかけになると思うので、この会社はお客様の笑顔を引き出すお手伝いができる、そんな明るい印象のある会社です。

ガーデンメーカーの社風や強み・将来性とは?

他部署の方との距離が近いのが魅力であり、強みであると思います。

例えは現場職人の方々。
普段机に向かっての作業であれば、あまりお話する機会のないであろう職人の方でも、
ここでは顔を合わせることが多いので、「室外機の前に木を植えると温風で枯れやすいよ」
「雨水マスに水が流れるから、芝を張るなら勾配をつけたほうがいい」と
図面を見ているだけでは気づけないポイントを教えてくれます。
つまり、机上の空論ではない、現実に職人さんが現場で困るであろうことを、
理解してガーデンメーカーは展開しているということです。
これは、ガーデンメーカーの強みだと感じています。

私自身、設計をしていくうえで新しい発見や、より植栽を活かせるデザインの幅が増えることは、
私自身にとっても楽しみとやりがいを感じています。
いろんな立場・考え方の人達がそうやって知識であったり、
いいものを融合することができるので、新しいことにどんどんチャレンジして、
みんなが笑顔になるお手伝いをすることができる会社だなと思います。

どんな人がこの会社で輝けられると思うか?

「こんな人!」という枠はないんじゃないかって私は思います。
どんな人であっても輝くことができる会社です。

なぜなら、輝くって2つの方法があると思うんです。
1つ目は自分から発信するように強い光を出して輝く。
2つ目は他からの光を受けて反射のように自身も輝く。

私たちsmileグループの『VALUE』として、『SMILE SPIRITS 7つのルール』というのがあり、
その一つとして、個性を尊重しつつ行動のマインドセットを共有しようというのがあります。

芯が同じベクトルを向いているとしたら、さらにプラスでいろんな考えがあった方が
新しい発想や発見ができて面白いじゃないですか。
輝くっていうのは自分で分かるものではなくて、相手から見て初めて分かると思うんです。
だからこそ、どんな人であっても、その人特有の考えがあったならば、この会社で
それぞれが相乗効果で輝いていけると思うんです。

本部へ問い合わせる
TOPへ